So-net無料ブログ作成
検索選択
食べ物 ブログトップ

はねつき餃子 [食べ物]

111220_01.JPG 先週に引き続き、今週も蒲田の区民ホールで社内イベントの中継サポートのお仕事だ。本日はリハーサルで、東京会場と大阪会場、名古屋オフィスをTV会議システムを使い接続テストを実施した。
 隣に座っている同僚から蒲田に行くならおいしい餃子のお店があると聞き、早速、夕方、行ってみる。場所は、蒲田駅から5分ほど大田区役所を少し過ぎたところにある。店の名前は「歓迎本店」。中華なのか台湾料理なのか?従業員はほとんど中国語だ。店はあまりきれいではないが、客はひっきりなしに入店してくる。
 オススメの焼き餃子(はねつき餃子)注文する。うーん、普通かなぁ。どちらかというと、一緒に注文したラーメンがシンプルですごくおいしかった。値段はなんと300円。これはオススメです。
 明日は、イベント本番。8時30分には現場に行かなくては。
 それにしても寒い日が続くなぁ。去年もこんなに寒かっただろうか?それとも加齢によるものなのか?
 地球温暖化で、猛暑はわかるが、それなら、冬は暖冬になってもいいのではないか。夏は暑く、冬は寒くではからだがついていかない。

白い恋人?? [食べ物]

110521_01.JPG 大阪にいるマラソン仲間から珍しく手土産を頂く。包み紙を見て、「北海道に行ったの?」。「いえ、大阪のお土産ですよ」。よく見てみると、「面白い恋人」。流石、大阪。けっこう笑えた。今、大阪名物になっているらしい。
 その夜は、彼が大阪に帰れるギリギリの時間まで呑みに行ってしまった。結果、二日酔いで、朝起きれず、走行会を欠席。
 Mt.富士ヒルクライムも近いので、昼過ぎの荒川CRに向かった。まだ、5月だというのに初夏の日差しだ。本来なら爽やかな季節はずなのに。。。間違いなく温暖化の影響だと思う。30年前は、冷夏と言われ、何年も夏の間、天気が悪く、夏が涼しいことがあったことがとても懐かしい。

■本日のロードバイク走行距離36.7km(月間454.9km)


岩手産牡蠣フライ [食べ物]

101022_02.JPG本日は、異業種交流会の最終日。朝8時前に恵比寿の某ビール会社の会場に入り、昨日の課題に取り掛かった。昨晩は、ほとんどの参加者が懇親会に行ったようで、二日酔いと思われる方も見受けられる。
研修では、眠気覚ましにリーダーシップをとるためのエクササイズと称してテニスボール3個を使ったジャグリングを行った。3個のボールは「仕事」「家庭」「健康」を表し、ボールの軌跡を見つつ、手元をみるというリーダシップには欠かすことのできない資質を鍛えるらしい。参加者の中にはこの二日間でマスターする方もいるが、僕は、全てのボールをとることができない。リーダーの資質はゼロ。
昼休み、昨日と同じ立ち食いそばの富士そばに行こうとしたが、隣の「十利久(とりきゅう)」で岩手産の牡蠣フライを食べてしまった。数ヶ月、ろくな昼食を食べていないので、体がおいしいものを欲していたようだ。アイスコーヒーつきで945円。きちんとした料理人の作る食事はおいしい。アイスコーヒーを出すタイミングもOK。
まわりを見渡すと平日の昼間ににもかかわらず、多くの年配の方々が、生ビールを飲みながら料理を楽しんでいる。戦後の厳しい時代を生き抜いてきたが、高度経済成長を経て、余裕ある生活を送っている方も多いのだろうか。僕が彼らの年代になったときに、はたして昼からビールを飲みながらおいしいものを食べることはできるのだろうか。たぶん無理だろうなぁ。

かすていらプリン [食べ物]

100707_01.JPG先週のアド街で日暮里を特集していた。そこで紹介されていたのがエキュート日暮里のなかにあるパティスリーマリアージュのかすていらプリン。
先週、妻の誕生日ということもあり、僕が買ってくるはめになった。
月曜日、火曜日と日暮里で途中下車をして店に向うのだが、21時近くなので、店は営業しているもののショウケースには売れ切れを知らせるカードだけが無情にも一枚おいてあるだけ。
人間、手に入らないと思うと意地でもほしくなるものだ。本日、ノー残業なので、早めに仕事を切り上げて、三度日暮里へ。売り場には5,6名の年配の女性がたむろしている。もしやと思い店員に確認すると、後10分で入荷するとのこと。すぐさま最後尾に並ぶ。トイレ以外に並んだことがない僕が並んでいる。いつもならそういう行為を心の中で冷ややかに馬鹿にするのだが。今日は違う。どうしても手に入れなくては、夫婦関係が破綻してしまうという恐怖感が突き動かしているようだ。僕の後ろには、いつの間にか長蛇の列ができている。

ジムで軽くトレーニングした後、食べてみた、うーん、うまいとは思うが、1,480円は少しお高い気がする。たぶん、もう買うことはないでしょう。次は、羽二重だんごを買ってみよう。

肉屋の正直な食堂 [食べ物]

100526_01.JPG本日、昼に大森にあるグループ会社に行く。
目的はネットワーク機器の設定作業をすることだ。ただ、別の楽しみもある。それは、「肉屋の正直な食堂 大森店」に行くことだ。ワンコイン(500円)で写真の定食が食べることができる。カウンター席しかないが、一席ごとにIHコンロが設置されており、最後までアツアツのままだ。加えて、ご飯のおかわりも自由。これで採算が取れるのだろうか、こちらが心配になるぐらいだ。一番重要な味は、さすが肉屋の食堂、とてもおいしい。
大森店はインド人(?)が仕切っており、料理をIHコンロにかけると同時に砂時計を逆さにする。そして、砂時計が半分で野菜を混ぜ、砂時計が終わったら、肉を混ぜるようにとカタコトの日本語で説明をしてくれる。
この店は、フランチャイズで、まだまだ店舗数も多くないようだ。もし見かけたら、是非、入ってみて下さい。お勧めのお店です。

■本日のロードバイク走行距離
■本日のRUN走行距離 5.0km(月間17.5km)
■本日の体重

食べ物 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。