So-net無料ブログ作成

阿波踊り [写真]

120722_01.JPG 昨晩、地元の阿波踊りの撮影に行った。昨年、震災のため自粛していたので、盛り上がるかも?ここの阿波踊りは、夕方から開催されるので、暗い中で撮らなくてはならないので、けっこう難しいのだ。
 昨晩、雨が降ったのか、早朝、道路が濡れていたので、また、昼頃、荒川CRに出かけた。堀切近くで撮影隊が前からきた。よく見るとSMAPの草彅くんが走っていた。それにしても芸能人オーラのない人だなぁ。そこが魅力なのかもしれない。

■本日のロードバイク走行距離57.5km(月間285.8km)

佃・月島 撮影会 [写真]

026.JPG 本日は、写真クラブの撮影会。10月は、撮影会当番にあたっており、もう一人のメンバーとともに撮影場所を決め、撮影場所を案内する簡単な資料の作成、昼食の場所を確保しなければならない。先月は、郊外だったので、今月は近場の佃・月島に決定。参加メンバーが10名以上予想されるので、月島名物のもんじゃ焼きではなく、勝どきのトリトンスクエアにした。大きなレストラン街があるので、老人10名ぐらいのわがままぐらいどうにかなるはずだ。  月島は何度か行ったことがあるが、佃ははじめての場所である。古い町並みと新しい高層マンションのコントラストに興味があり、選んでみた。  1時間ほど佃島で撮影をして、集合場所であるトリトンスクエアに向った。トリトンスクエアも今年10周年を向え、当時のような混雑もない。佃島からは予想した以上に距離があったため、案の定、メンバーのほとんどが時間通り到着することができなかった。まぁ、今の年配の方は、若者より元気なので大丈夫でしょう。その後、全員無事に昼食を終え、役目を終える。  その後は、自由撮影で、近場の勝鬨橋や築地本願寺、築地市場を撮りに行ったり、少し足を伸ばしてスカイツリーに行ったりするメンバーもいて、皆さんの元気に感心すばかり。自分は、撮影中、レンズのキャップを運河に落としてしまい、新しいレンズキャップを買いに有楽町のビックカメラに直行した。

よさこい [写真]

110807_04.JPG
 今年も埼玉県朝霞市の彩夏祭に行ってきた。目的は、「よさこい」の撮影だ。「よさこい」は動きが激しく、ほとんどの写真がピンボケだ。ただ、途中、何度かポーズを決めるところがあるので、踊りによっては、うまくとれるときがある。
 午前中は、乗鞍に備えて自主トレ。朝なので、少し涼しいが、何度も休憩しながらバテバテで帰って来た。

■本日のロードバイク走行距離36.4km(月間87.3km)

撮影会(東京タワー) [写真]

110710_01.JPG
 5ヶ月ぶりの撮影会の参加。スカイツリーに注目が集まっているなかあえて東京タワーへ。
 暑い、危険な暑さです。こんな暑い日にそれほど集まらないと思いきやなんと20名近くもすでに改札口に集合している。ほぼ全員60歳を過ぎているが、みんな元気です。それとも暑さが感じにくいのか?
 大江戸線の赤羽橋から東京タワーを目指す。約2時間、撮影を終え、集合場所の増上寺に向う。浜松町で昼食をとり、一旦解散。ほとんどのメンバーが水上バスで、浅草に向かい、引き続き撮影をするらしい。そのバイタリティーに、ただただ感心するばかりだ。

■本日のロードバイク走行距離20.2km(月間111.4km)


撮影会(お台場) [写真]

110219_01.JPG
 年一回担当する幹事として地元の写真クラブの撮影会に行く。仕事で休んでいる間にお台場に行くことに決まっていた。通勤している会社が近いので、休日にはあまり行きたくない場所だ。

110219_02.JPG 池袋からりんかい線に乗り、東京テレポートで下車する。撮影しながらを海浜公園を目指す。
 オフシーズンなのか、時間が早いのか人通りは少ない。ひところ人気だったお台場のマンション群も住民の姿を見ることはなく、既に過疎化が進んでいるように思えた。天気は昼近くなっても回復せず、厚い雲が空を覆い、テンションも少し下がり気味だ。
 昼食後、レインボーブリッジを徒歩で渡りながらの撮影。渡りきるまで約30分以上かかると言われ、トイレへ。戻ってくるとメンバーの姿は見えず、早歩きで渡りきるが、結局見つけることができなかった。携帯電話に連絡しても留守番電話に。結局、田町駅まで行き、そのまま帰宅。幹事の役割果たせず、すっきりしない撮影会になってしまった。

新座市芸術展 [写真]

101017_02.JPG本日、午前中、新座市芸術展のサポートに行く。内容は芸術展の隣の会議室に即席の写真スタジオを作り、写真を見に来られた方々にスタジオ写真の現場を見ていただくために写真を撮り、その場で印刷してプレゼントするという企画だ。私は、渡された写真データをフォトショップで加工して、写真を印刷する役割についた。
写真を見ている方々にスタジオで写真を撮ってみませんか?とお誘いしてもなかなか恥ずかしがってスタジオまで入ってこない。市の芸術展を見に来る方々は年配の方が多いので、きれいな遺影写真を無料で撮りますよ と言ったほうが多くの方々がきっと利用すると思う。ある写真屋さんでは、遺影撮影をする年配の方々の予約がかなり先まで埋まっていると聞く。

昼食を済ませ、15時過ぎに荒川CRに向った。赤羽岩淵まで行き、折り返す。帰路は向かい風。日の入前には荒川CRを出るため、慌ててペダルを回した。

■本日のロードバイク走行距離36.5km(月間487.1km)


撮影会(御岳) [写真]

100912_01.JPG本日は、地元の写真クラブの撮影会。最後に行った撮影会も忘れるほど久しぶりの参加だ。場所は、奥多摩の御岳。
体は相変わらず重く、暑さとストレスにすっかりやられているようだ。
水辺での撮影だが、日がでてくると暑くて気分が悪くなる。ほとんどのメンバーが他の撮影場所に向うが、そのまま帰宅した。

夕方になりやっと少し調子が出てきたので、初の夜練に朝霞中央公園に向った。夜間走行に少し不安もあったが、思ったより街灯も明るく、気持ちよく走ることができた。ただ、数箇所、道がうねっているところがあり、注意が必要だ。

■本日のロードバイク走行距離20.8m(月間93.5km)

再び・彩夏祭り [写真]

100801_03.JPG
朝、クラブの走行会に参加した。昨日、多摩湖付近にゲリラ豪雨があったようで、暑さよりも湿気の多さが体力を消耗していく。本日もロングは参加せず、帰路についた。

一息ついてから、昨日と同様に彩夏祭りに向った。手振れを少しでも防ぐためにデジカメのISO感度を少し高めに設定。結果、全く変化無し。また大量のピンボケ写真をとってしまった。
女性ばかりを被写体にしているようにみえるかも知れないが、あくまでも「よさこい」をテーマにした作品作りなのだ。


■本日のロードバイク走行距離50.5m(月間50.5km)  
■本日のRUN走行距離 
■本日の体重

彩夏祭り [写真]

本日は、少し早めに起きて、荒川CRに行く。風もなく走りやすい。北千住まで行き、引き返してきた。今月の走行距離はかろうじて400kmを越えただけだ。

午後、カメラの準備をして、朝霞市の彩祭りによさこいを撮りに行く。日差しがないので、踊り手にとっては少し助かるかもしれない。なんせ一年で一番暑いこの時期に厚手の衣装も着込んで激しい踊りをするのだから相当暑いにちがいない。過去、脱水症状で倒れる踊り手を何度か見たことがある。
はっきりとした理由はないのだが、なんなく「よさこい」が好きで、写真を撮りに行く。特にヤンキー系のチームが凄くかっこよく見えるのだ。

200回以上はシャッターを押したと思う。家に帰りパソコンに写真データを取り込んでみると、ほとんどがピンボケ。やはり動きのある被写体を望遠レンズできれいに撮るには、手振れ防止機能付のレンズを購入するしかないかなぁ。10万円ちかくするけど。

■本日のロードバイク走行距離53.8m(月間416.3km)  
■本日のRUN走行距離 
■本日の体重

御柱祭 [写真]

100411_01.JPG
とうとう念願の御柱祭に行ってきました。
会社の同僚と特急あずさで、下諏訪へ向かった。駅前は木落とし坂での御柱の実況中継が行われており、小雨交じりの天気で落ちこみそうなテンションもあがってくる。目指すは5km先の木落とし坂。ロードバイクなら気持ちよく走れそうな坂が続く。途中、天気も回復してきて、汗ばむぐらいだ。

100411_02.JPG本日は、下社の山出し最終日で、3本の木落しが予定されている。木落とし坂に近づくにつれ、人が多くなる。ちょうど、10時に落ちた御柱が一時保管場所である注連掛へと曳行している氏子達と遭遇する。なんせ道幅が狭く、身動きがとれない。それでも少しずつ前進をすると、まるで崖といっても過言ではない斜面が目の前に現れる。
桟敷席は、かなり前に完売されており、木落としを見るためには、斜面の右側の登るしかなかった。
次の木落としまであと1時間。最大斜度35度の斜面で、じっと待つ。やがて大勢の氏子が斜面へと群がり御柱を綱でひきはじめる。斜面が急なところに大勢の人が群がり、歓声やどよめきが響く。しばらくすると木遣りの甲高い声。進軍ラッパや太鼓の軽快な音が繰り返し聞こえる。乗り手の気合が入った声が響き、巨大な御柱がゆっくりと動き出したのが見えた。
たしかにテレビで見た方が良く見えるに違いないが、やはり生の迫力はすさまじく、感動しますよ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。