So-net無料ブログ作成

ポジション変更 [ロードバイク]

 少しハンドルポジションを変更した。理由は、少しだけ前傾をきつくしてペダルの荷重を多くしてみた。
 荒川CRに行き、赤羽でユーターン。ここからは、風がきつくて前に進まない。右足が力みむと、また、足指が拘縮してきた。何度か止まり、足のストレッチを行う。ほんとうに手間がかかるかなぁ。ふとハンドルを見てみると、だいぶ送っているのに気付いた。ステムのボルトが緩んでいたようだ。少しトルクをきつくして締めなおしてみるが、大丈夫かなぁ。まぁ、走っている途中で、急にハンドルが下がらなくてよかった。

本日の走行距離: 35.0㎞
今月の走行距離:140.0㎞

マッサージ [その他]

 昨日は、会社でマッサージをうけた。福利厚生のひとつなので、30分間、500円という破格な料金。脛を中心にお願いし、うつぶせになった。体に手が触れた瞬間、「こんな体が固い人、あまりいない」との声が聞こえた。筋肉全体がこわばっており、日常生活にも影響があるのではないかとのこと。来週から週二回来るように勧められてしまった。
 質の良い筋肉は柔らかい。あなたの筋肉は固すぎて、すぐ疲労する。脱力の仕方を覚えないといけない。さんざんのいわれようです。でも、わかっているんだが、脱力は難しいんだよね。
 本日は、荒川CRでのリハビリ走に行った。10㎞ほど走るころから相変わらず足指が丸まり出し、靴に当たる指の感覚が不快だ。ただ、呼吸を整え、脱力を心掛けぺダリングすると、ときどきではあるが、まさに「繋がる」と思えることがあった。そうすると、右足の感覚が正常に戻り、普通にペダルを回すことができた。これが、少しでも長くなるといいのだが。。。
 

本日の走行距離: 38.0㎞
今月の倉庫距離: 105.0㎞

リハビリ走 [ロードバイク]

 荒川CRの帰り道、一般道に入るころから、足趾屈曲がひどくなってきた。今のところ30kmが限界のようだ。
 年末、スポーツクリニックの医師からコンパートメント症候群によるハンマートゥという診断を受けた。脛を輪切りにすると4つの区画(コンパートメント)が固い筋膜で分かれており、運動をすると、その区画の内圧が上がることで、血行障害や神経障害をひきおこしているようだ。医師からはすぐに運動量を減らし、半年をめどに毎日3回の長趾屈筋と長母趾屈筋のストレッチを言い渡された。自転車も30分から始めて様子をみながら徐々に長くするように。そして、運動の前後には必ずストレッチをすること。
 と言われているのに本日、1時間30分以上走ったのが悪かったようだ。無理をすれば慢性化してなかなか治らない。脛の疼痛はないのだが、足の指が曲がることで、ぺダリングにロックがかかることと指の痛みがひどい。中指1本を曲げたままで腕立てしている感じかな。
 途中5,6㎞は、調子がいいときもあった。劇的な回復は望めないが、気長に取り組むしかないな。

本日の走行距離: 38.0㎞
今月の倉庫距離: 67.0㎞

2ヶ月ぶりの荒川CR [ロードバイク]

本日の走行距離:29.0㎞

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。